上水道の水源はダムが36%、河川が34%となっており、井戸や伏流水が30%となっています。
今後は、水源水質の悪化も考えられ、高度浄水処理方法が導入されます。それに伴い、水道施設の新設や、補修・改修工事が増加していくことが予想され、ますますエポキシ樹脂ライニングの必要性が高まると思われます。