コンクリート構造物は一般に半永久的なものと考えられてきましたが近年、構造物の立地条件や環境などの多様化により、早期の劣化が生じ、コンクリートのひび割れ等による中性化、鉄筋腐蝕等が大きな問題となっています。これに対して、上下水道施設の補修及び補強性能を兼ね備えた炭素繊維シートの貼り付けによる工法が必要とされています。